出店料0円の「Yahooショッピング」で花屋さんもお店を開業してみた

ネットショップ運営はどちらかというとドメインを取ってコツコツ堅実に育てて行く方が好きなのですが、ビジネスでやってる以上あまり悠長なことも行っていられません。

よくWordPressを使ったサイトが「陸の孤島」などと表現されますが、独自ドメイン店も広告などに費用をかけて露出を多くしなければ、まさに「陸の孤島」です。

来る日も来る日も売り上げがなく結果がついてこないとモチベーションなんてものは完全に無くなります。

多少でも良いので目に見えて結果が出ないと長くは続けていくことは難しいので、早急に結果を出したいのであれば、大手ショッピングモール出店が最短ではないでしょうか。

MEMO
ここで言う「最短」とは独自ドメイン店よりモール出店の方がより結果を早く出しやすいという意味でモールに出店さえすれば必ず売れるという事ではありません。

ただし軌道に乗って売り上げが付いて来るようになれば独自ドメイン店の方が利益率は高いと思います。
初めての店舗はモールに出店にして、そこである程度ノウハウを学んだら独自ドメイン店を運営するという流れも良いかも知れませんね。

オンラインショップと言っても様々で、個人で趣味程度でやるのか本格的にビジネスとしてやるのかで変わってくると思います。
趣味程度であれば手軽に使えて無料のショッピングカート「BASE」「STORES」などで十分ですが、本格的にショップの販売経路拡大などを考えればモール出店や有料のショッピングカート利用が必要となってきます。 

最終的には将来的な展望も考慮して選ぶことが重要です。

Yahooショッピングでお店を開く

大手ショッピングモール出店についてはオンラインショップを運営されている皆さん個々に、色々と考え方も違うところもあると思いますが、今回は現在僕が出店している「Yahoo!ショッピング」の出店方法などについてです。

余談です

「楽天市場」にも出店していたことがあるのですが、撤退後も事あるごとに楽天から再出店のお誘いを受けます。

ちょっと前になりますが、その時は特別プランでの出店依頼ということでお誘いを受けました。
ただ内容的にかなりきつめで勝負になるようなプランではないように感じたのでお断りさせて頂いていました。
断っても断っても連絡して来る楽天の営業さんは相当ノルマが厳しいのでしょうね。

が、ここに来て独自ドメイン店を止めて楽天へ再出店しようかとちょっと考えが変わってきてきました。
もちろん通常プランではなく幾度となく誘われた「エンパワーメントプラン」です。
初めて誘われた時より多少プラン内容が変わっています。

楽天出店については賛否用論あります。
僕はどちらかというと楽天出店は否定派でしたが、ここに来てちょっと考え方が変わっていました。
もちろん1度失敗しているのでその教訓も加味して考えた事です。

ただ本格的にショップ運営を考えるのであれば「エンパワーメントプラン」では不十分です。
将来的には上位プランも考えるかも知れませんが、それはあくまで将来的な展望という感じです。

楽天出店は「エンパワーメントプラン」か「通常プラン」かで考える?

担当店舗数は1担当者1000店舗

現在、Yahoo!ショッピングの出店数は約87万店、これは実に楽天市場(約5.1万店)の約17倍になったという事です。

ただしYahoo!ショッピングの稼働店舗数は160,000~170,000店舗と言われていますので店舗数で判断するのは微妙なところがあります。
※現在の出店舗数は変動している可能性があります。

Yahoo!ショッピングの店舗担当さんが何人いるのかは分かりませんが、当店担当さん情報によると、1担当者1000店舗程度担当しているということです。
こちらは店舗の名前さえ覚えるのが大変なようです。

ですが、とりあえず登録だけの方も多く、連絡を取ると「ボチボチやります」と答える出店者の方も多数のようです(^^;

1店舗の売り上げ

この担当さんが、前に担当していた店舗さんの平均月商は5万にも満たないところも多く1~2万というところもゴロゴロあるとのことです。

無料とはいえこの売り上げではきついですね。

Yahoo!ショッピングに限った事ではないですが、これだけ店舗が増えると「売れる店」「売れな店」の2極化は進み、今後ますます2極化に拍車をかけていくことになると思います。

Yahoo!ショッピングは売れない?

Yahoo!ショッピングと楽天市場はビジネスモデルの違いがあるにせよ、メジャーなメガショッピングモールであるということには変わりまりません。
出店舗数だけ見れば大きく差がつきましたが、実際に売れているのは「楽天市場」でしょう。
実際、僕の所でも出店時は「楽天市場」が売上面で言えば一番の稼ぎ頭でした。

現在の売上はと言うと当時の「楽天市場」の売上分が「独自ドメイン店」「Yahoo!ショッピング店」2店舗でとりあえず届く感じです。
ただ、売上面では劣りますが、こと利益率に関しては「Yahoo!ショッピング」の方が上回ります。

楽天市場は入ってくるお金も大きいのですが、出ていくお金も半端なく出ていきますので、少なくてもその当時は「売れる=利益が出る」ではありませんでした。
あくまで、僕の経験からですが「Yahoo!ショッピング=売れない」ではないと考えています。

物を売るには少なからずセンスが必要になってくるんだろうと思いますが、最終的には「売れないと言われるYahoo!ショッピング」でも真剣にとことんやるかやらないかで結果は大きく変わってくると思います。

月額費用シュミレーション

「無料なのにお金がかかるの?」なんて思われている方はいないと思いますが、商品が売れれば手数料等はかかりますので、念のため。

下記サイトでは、目標月商などを入れると簡単にシュミレーションが出来るので興味のある方は確認してみて下さい。

aroki

ちょっと捕らぬ狸の皮算用感が強めですが∠( ˙-˙ )/
参考 料金・費用についてYahoo!ショッピング

※あくまで目安としてご利用ください。

まとめ

店舗数はとんでもなく飽和状態ですので「やる気」と「アイデア」をもって臨んでみて下さいね。
生半可なやり方では埋もれてしまう可能性もあるので:;(∩´﹏`∩);:

Yahoo!ショッピングで月商100万円やるのは結構ハードル高く簡単でありませんが、何事も目標は高くで頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です