夏のお花の代名詞「ひまわり」は四季に関係なく人気のお花

うちは毎月決まった日時に「ひまわり」をお買い求めに来るお客様がいらっしゃるので、春夏秋冬関係なく年間を通して店頭に並べています。ただ真冬に「ひまわり」を探すのが難しい時もあったり、あったとしても品質がいまいちな時もありますので、この辺はご理解をいただいてご用意しています。

正直冬の「ひまわり」は大きさ品質共にあまりよくないのは否めませんね!

「ひまわり」が好きな人は多い

夏の花の代表格である「ひまわり」が好きな人は多いのではないでしょうか。夏の真っ青な青空に橙色の花が良く似合う「ひまわり」の花言葉は、あこがれ・あなただけを見つめる・情熱などになり、非常にポジティブな言葉が多いです。

「ひまわり」は太陽に向かって花を咲かすという特性があり、太陽に負けない元気な花になり良い印象を持っている人も多いはずです。愛の告白やプロポーズなどで「ひまわり」をギフトで送る方も多く、喜ばれる花として利用されています。

「ひまわり」の単価はいくらくらい?

「ひまわり」の単価はいくらくらいかご存知でしょうか。

「ひまわり」は実店舗のフラワーショップだけではなく、ネットでも購入することができますが、ショップによって価格に差があります。品質でも価格が違ってくることがあり、同じ品質でもショップによっては数百円ほどの価格の差が出ることもあります。

実店舗のフラワーショップで購入する場合は、だいたい1本200円ぐらいで購入することができるケースが多いです。ネットで購入する場合は1本数十円で買えるケースもありますが、送料などもかかることもあるので、実店舗よりも高くつくこともあります。特にネットの場合にはまとまった本数を購入すると安くなることもあるので、送料などを考慮して購入するようにしましょう。

「ひまわり」を長く鑑賞したいのならここがポイント

「ひまわり」を美しいまま長く維持させるには正しくメンテナンスをする必要があり、花を生ける際には清潔な花瓶を使用するようにしましょう。切り花は雑菌に非常に弱いといった性質があり、雑菌が「ひまわり」の茎に付着することで痛んでしまうので注意が必要です。

水揚げも大切な作業になり、生ける前に新しい切り口にすることで花を長持ちさせることができます。また温度、湿度管理 も重要なポイントになり、夏に咲く花なのですが高い温度に弱いといった特徴があります。

夏の時期にお部屋で飾る場合には、できるだけ涼しい場所に飾るように心がけるようにすると長持ちします。その際直射日光やエアコンの風が直接当たるような場所に飾るのは避けた方が良いです。直射日光やエアコンの風が当たることで、「ひまわり」の花びらや葉から水分が抜けてしまい、しおれてしまう原因になりますので場所も考えて飾りましょう。

まとめ

昔は季節限定の花のイメージがありましたが、昨今は真冬でも見ることができます。しかしながら「ひまわり」は夏がよく似合います。

花もちが悪い季節ですが、「ひまわり」をお部屋に飾って暑さを吹き飛ばしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。