NISA口座を開設したいが、 おすすめの証券会社はどこ?

NISAの仕組みを使ってさっそく投資をスタートさせましょう。
多くの投資初心者はここで「手続きがめんどくさそう」と感じてしまうかもしれませんが全く心配はいりません。
外から見ると敷居が高そうに感じますが、イメージ程難解ではなく、証券口座の開設も意外に簡単ですのでぜひチャレンジしてみて下さい。

2つの「入れ物」をつくる〜証券口座の開設とNISA口座の開設〜

少しNISAについておさらいしますが、NISAとは株式や投資信託で得た運用益を非課税で受け取れる制度。
証券口座という「入れ物」の中にさらに税金のかからない「もう一つの特別な入れ物」を設けて運用することで、投資のうま味をより大きく受け取れる制度なのです。
つまりスタートさせるためには、以下の2つの準備が必要になるわけです。

  • 証券口座の開設
  • NISA口座の開設

ただこの①と②は同時に申し込みができますので簡単です。

開設は“意外と親切な”ネット証券で

皆さんの中には「証券会社」といえば駅前などに大きなビルを構える大手証券会社を思い浮かべる方が多いかもしれません。
しかしここでは無店舗でWebサイト上だけで口座開設申し込みから取引までが完結できるネット証券をおすすめします。

PC(パソコン)操作が苦手な方にとってもネット証券は口座開設も取引もスムーズに行うことができ、困った時のカスタマーサポート(電話やメール)対応も想像以上に親切なのです。
画面操作の説明はもちろん、NISAの運用ルールについても親切に教えてくれます。
それに今やスマホの時代。ネット証券ならスマホのアプリを通して、口座開設から株や投資信託の購入や売却までのすべてができるのです。

さらに、コストの安さや品揃えなど多くの点で圧倒的にネット証券が有利。
つまりネット証券はリアル店舗と比較してメリット多数の素晴らしい取引環境だと言えるのです。

証券会社選びのポイント

  • 取引手数料などコストの安さ
  • 買える商品の品揃え
  • スマホアプリ画面、PCサイト画面で取引できる、またはその画面の分かりやすさ
  • カスタマーサポートの利便性・親切さ

証券会社選ぶ

では筆者がおすすめする証券会社はというと、ズバリ「SBI証券」と「楽天証券」の2社です。

ネット証券共通のメリットは前述の通り。その上で、数あるネット証券会社の中からこの2社をおすすめする理由・特徴を簡単にまとめました。

この2社はネット証券としての基本機能は申し分なく、さらにグループ企業と連携したサービスが充実しているという点でおすすめできます。
試しにスマホアプリやPCサイトを覗いてみてください。

【SBI証券】  https://www.sbisec.co.jp

  • インターネット証券最大手、口座数が多いのは利用者の支持の証
  • グループの住信SBIネット銀行の口座があれば口座間の資金移動がスムーズ
  • Tポイントと連携しており、取引でポイントが貯まる他、もっているTポイントを使って投資もできる
  • つみたてNISA投資信託取り扱い銘柄数:170本程度
  • (一般)NISAの場合、外国株や上場投資信託(ETF)も運用可能、人気の米国株に強み

【楽天証券】 https://www.rakuten-sec.co.jp

  • インターネット証券2番手、楽天グループのサービスをお使いの方なら絶対おすすめ
  • 楽天ポイントとの連携が魅力、NISA取引も楽天ポイントの対象に
  • 楽天銀行との「マネーブリッジ」で銀行口座・証券口座を連携させられることが大きな特徴
  • つみたてNISA投資信託取り扱い銘柄数:170本程度
  • スマホアプリの画面、PCサイト画面ともに見やすい

口座開設手続きは2つの「NISA」から1つを選択

運用の「入れ物」である証券口座を開設し、同時にNISA口座開設希望であることを申請し画面の指示に従って手続きをしていきます。これで「魔法の入れ物」のセット完了です。

手続きとしては、サイトの指示に従って申し込みます。

手順1
メールアドレスの登録
手順2
身分証明(運転免許証など)を提出
手順3
口座を選択

混み合っていなければ数日で開設完了がメールで通知され、これで準備完了となります。
もちろん書類を郵送して行うこともできますが、書類のやりとりに少々時間がかかることは理解しておいてください。

NISAには「(一般)NISA」「つみたてNISA」の主に2種類があり、それぞれ運用可能期間や商品などが異なるため、運用目的に合わせていずれか1つを選ぶことができます。

注意
※2つ同時には開設できません。

「(一般)NISA」は最長5年運用でき、年間120万円まで投資可能ですが、一方「つみたてNISA」は最長20年運用でき、年間40万円まで投資可能です。
比較すると“短期勝負”の(一般)NISAと“長期こつこつ”のつみたてNISAといった感じです。
運用できる商品も異なりそれぞれの魅力がありますので、50代シニア世代の方なら老後資金や家族に向けた資産づくりなど、投資目的に照らして選んでください。

まとめ

NISAを活用した投資のスタートラインに立つおおまかな手順がご理解いただけたのではないでしょうか。

お伝えしたかったのは投資やNISAを始める準備は「やってみれば実は簡単」ということです。
ぜひ手持ちのスマホやインターネットからネット証券にチャレンジして見て下さい。

今後一人でも多くの投資初心者の皆さんに仲間入りを果たしていただき、資産形成を背景にした“わくわくする”シニア生活につなげていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です