超初心者必見!暗号資産(仮想通貨)投資の始め方

「暗号資産(仮想通貨)を初めてみたいけど何がいいのかわからない」「暗号資産(仮想通貨)ってどうやって運用していくの?」「暗号資産(仮想通貨)って怪しいんじゃないの?」というように思っている方は少なくないのではないでしょうか。

しかし現在、暗号資産(仮想通貨)は大きな注目を浴びており市場も拡大し続けています。
そこで今回は暗号資産(仮想通貨)を始めようとしている初心者の方に向けての解説ですので、ぜひこの機会に暗号資産(仮想通貨)についての基礎知識を身につけてみましょう。

暗号資産(仮想通貨)って怪しい?

暗号資産(仮想通貨)と言われると「怪しいんじゃないの?」と思う方も多いかもしれません。
しかしそれは大きな勘違いです。

暗号資産(仮想通貨)はあらゆる場面で使われており、暗号資産(仮想通貨)によって買い物ができる店や社員の給料を暗号資産(仮想通貨)で払うという会社が増えてきています。
さらに最近では暗号資産(仮想通貨)を法定通貨に定める国まで出てきたほどです。

しかしまだまだ暗号資産(仮想通貨)について詳しくない人が多く、そんな人たちを狙った詐欺が横行しているのも事実です。
暗号資産(仮想通貨)を始めるときは甘い誘い文句に騙されず、自分でしっかりとリサーチしましょう。

ちなみに仮想通貨の正式な名前は「暗号資産」です。
サイトによって仮想通貨と呼んだり暗号資産と呼んだりしていますが、どちらも同じものだと覚えておきましょう。

暗号資産(仮想通貨)投資をするための費用は?

次に暗号資産(仮想通貨)投資をするにはどのくらい費用が必要なのかということについてです。
暗号資産(仮想通貨)の銘柄で最も有名なのがビットコインになります。

そんなビットコインですが、現在は1BTC買うのに数百万円かかります。
そこで「数百万円ないと暗号資産(仮想通貨)投資ができないの!?」と考える人が多いのですが、そうではありません。

例えばビットコインであれば0.01BTCという単位で購入することも可能で、数千円〜1万円ほどあれば十分に投資を始めることができます。

もちろんビットコインだけでなく、それ以外の仮想通貨でも数千円、安いものでは数百円からコインを買うことができる他、購入する場所によっても購入できる最小額が異なってきます。
以上のことから暗号資産(仮想通貨)投資を始めるためのハードルは決して高くありません。

株式やFXに比べても比較的少ない費用で投資を始めることができます。
最初は少額から投資を初めてみて、運用しながら暗号資産(仮想通貨)の勉強をしてみてはいかがでしょうか。

参考 仮想通貨はいくらから買えるのか?ビットコインでも500円から購入可能

初心者でもわかりやすい取引所3選

いざ暗号資産(仮想通貨)投資を初めてみようと思ってもどこで購入すればいいのか悩む人も多いと思います。
そこで初心者でもわかりやすい仮想通貨取引所を3つご紹介します。

Coinchek

Coinchekは暗号資産(仮想通貨)初心者の方でも安心して使える取引所です。
Coinchekは一部上場企業(マネックスグループ)の子会社であり、非常に優れたセキュリティを保持しています。

さらに取引手数料や入金手数料が無料であることも非常に魅力的です。
加えて取り扱っている暗号資産(仮想通貨)の数は15種類と国内最多で、あらゆるコインを売買することができます。

bitFlyer

bitFlyerは2014年からサービスを行っており信頼できる取引所です。
ビットコインの取引量は国内最多で、「100円」から暗号資産(仮想通貨)を購入することができます。
さらに最大500万円の盗難保証がついているため非常に安心して投資をすることが可能です。

また、bitFlyerではポイントを貯めることでビットコインに換金することができるというのも大きな特徴です。

DMM Bitcoin

DMM BitcoinはDMMグループという大企業が運営している取引所のため安心・安全に利用することができます。

加えて取引手数料、入出金手数料、送金手数料が全て無料なのも非常に優れています。
また、DMM Bitcoinでは取り扱っている暗号資産(仮想通貨)を使ってレバレッジ取引をしてFXも可能です。

参考 仮想通貨/ビットコイン取引所おすすめ比較5選【初心者向けの日本国内取引所は?

参考 GMOインターネットグループ給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入

取引所と販売所の違い

暗号資産(仮想通貨)を購入する場所として「取引所」と「販売所」があるということはご存知ですか?
一見するとよく似ているように思えますが、大きな違いがあるので覚えておきましょう。

では取引所と販売所はどのように違うのでしょうか。
簡単に説明すると、取引所ではユーザー同士で仮想通貨の売買を行います。
一方販売所ではCoinchekのような暗号資産(仮想通貨)取引所から暗号資産(仮想通貨)を購入します。

では取引所と販売所どちらを利用する方がいいのでしょうか。
結論としては、取引所を利用する方がいいです。

というのも、販売所で暗号資産(仮想通貨)を購入すると、スプレットという実質的な手数料が多くかかってしまうのです。
しかし取引所の場合ユーザー同士でのやりとりなので少しだけ取引が複雑になります。
とはいえ、手数料のことを考えると多少難しくても取引所を利用して売買することをおすすめします。

参考 仮想通貨の販売所と取引所の違いと特徴をわかりやすく解説!|メリット・デメリットは?

おすすめの銘柄は?ビットコイン?アルトコイン?

Bitcoin

次にいよいよおすすめの暗号資産(仮想通貨)の銘柄についてです。
しかしその前に簡単に用語の説明をします。

暗号資産(仮想通貨)は大きく「ビットコイン」と「アルトコイン」に分けられます。
ビットコインとは最初に作られた暗号資産(仮想通貨)で、最も有名な銘柄でです。
一方アルトコインはビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)の銘柄全てを指します。

そしておすすめの銘柄について話を戻すと、初心者であるならばまずはビットコインを購入することをおすすめします。
「せっかく暗号資産(仮想通貨)を始めるのだから一攫千金で億り人になりたい!」と思う人もいるかもしれませんが、現実はそう甘くはありません。
確かにアルトコインの中には利回りが数百%というものもありますが、その分そういったものはリスクも非常に大きいです。
まずはビットコインから初めて暗号資産(仮想通貨)がどういうものなのか学んでいきましょう。

もしどうしてもアルトコインを買ってみたいのであれば、イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)あたりがおすすめです。
こちらも非常に有名で成長し続けている銘柄になります。

暗号資産(仮想通貨)投資は「現物取引」「先物取引」「FX」などどれから始めるべき?

暗号資産(仮想通貨)の取引には「現物取引」「先物取引」「FX」などがあります。
現物取引とは手元の仮想通貨を実際に売買する取引のことで、一般的な取引方法です。

それに対して先物取引とは将来行う売買を先に行うという取引になります。
売買が行われるのは将来のことなので、取引時点では現物の引き渡しはありません。
しかし場合によっては手元資金以上の損失が生じることもあるので注意が必要です。

FXでは手元にある資金以上の金額を売買することでより大きな額を動かすことができる方法で、レバレッジ取引と呼ばれています。
動かす額が大きくなるので大きなリターンを得ることができますが、反対に損失が生じた場合の額も非常に大きくなります。

やはり初心者であるならば、最初は現物取引から入ることをおすすめします。

参考 仮想通貨の現物取引って?先物取引やレバレッジ取引との違いは?

短期トレードと長期トレード(ドルコスト平均法)

最後に暗号資産(仮想通貨)投資の方法について説明します。
投資の方法は大きく分けて短期トレードと長期トレードの2パターンあります。

短期トレードは簡単に説明すると価格が上がったタイミングで売りに出し、下がったタイミングで買いを入れるという方法で、”投機”と呼ばれています。

一方長期トレードは数年、場合によっては数十年というスパンで少しずつ資産を増やしていく方法です。
暗号資産(仮想通貨)は今後も成長していくと思われるので、短期的に見て価値が下がることがあっても、長い目で見ると上がっていくものが多いと考えられます。

MEMO
暗号資産(仮想通貨)を長期的に保有することを「ガチホ(ガチでホールドする)」と言い、多くの投資家が暗号資産(仮想通貨)をガチホしています。

初心者の方はまず長期トレードを考えてみてはいかがでしょうか。

そしてその時におすすめなのがドルコスト平均法
ドルコスト平均法とはその時の相場に関わらず一定の期間ごとに決まった額を投資していくという方法です。
機械的に投資をすることで、大きな利益を得ることはありませんが、リスクもその分小さいです。
まずは手堅く暗号資産(仮想通貨)投資を始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

今後暗号資産(仮想通貨)はますます世界に広がっていき、その価値は高まっていくと考えられます。
暗号資産(仮想通貨)は少額から簡単に購入することができるので、初心者でも問題なく投資を始められます。
もし暗号資産(仮想通貨)投資を考えているのであれば、この機会に始めて見るのも面白いかも知れません。

ただし借金してまでやるのは本末転倒なので、あくまで余剰金で無理なく始めて見ましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です