楽天証券で始めた「つみたてNISA」1ヶ月目の運用実績

「つみたてNISA」では、年間の投資上限が40万円と決められているため、月額では33,333円が積立設定の上限となっています。
しかし年の途中からつみたてNISAを始めた場合は、月額の上限33,333円の積立設定だけでは年間の上限40万円を使い切ることができません。
別に上限いっぱい使いきらなくてはいけない決まりはありませんが、それでも年の非課税額を上限まで使いきりたい場合は増額設定を使うことで、年間40万円の投資枠を使い切ることができます。

老後の備え?!楽天証券で「つみたてNISA」を始めて見る

現在の積立設定

5月から始めたので、今年は残り8カ月です。
8カ月で40万円まで積み立てると、1ヶ月5万円のなります。

aroki

ちょうどクレジットカード決済出来る金額です。
NISA口座を開設したいが、 おすすめの証券会社はどこ?

ファンドと積立金額詳細

ファンドは始める時におすすめされた4銘柄を均等に積み立てています。

  • <購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))
  • eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim 新興国株式インデックス

上限40万まで8カ月で月5万円の積み立てなので、1銘柄12500円となり4つのファンド5万円となります。
1銘柄の割合は「積立金額:8333円」「増額:4167円」の買い付けしています。

複数銘柄

何の疑いもなく勧められるままに複数銘柄で始めてみたものの、ネットなどの情報が色々止めに入るようになってきて「これでいいのか」と言う邪念が出て来ました。

この4銘柄で続けるなら、「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」あたり1本でも良いのではないかと。。

aroki

隣の芝が青く見えるんですね。素人の悲しき性です笑

この辺はまだ始めたばかりなので、じっくり考えようと思います。

5月の評価損益

つみたてNISA
  • つみたてNISA資産:50,662円
  • 投資額:50,000円
  • トータルリターン:+662円(+1.32%)

このトータルリターンが順当なのか分からないんですが、とりあえず+で1ヶ月目を終えたので良しとしましょう。

お金の苦労はしたくない?現実問題として老後資金はいくら必要なのだろう?

ロボアドバイザー「楽ラップ」

「つみたてNISA」の買い付け日程の関係で少し時間が空いたので、スポット(10万円)で楽ラップをやって見ました。

16問の質問を受けて「ロボアドバイザーが一人ひとりにピッタリの運用コースを診断・提案する」という商品です。

運用実績

楽ラップ

今のところプラスですが、この先継続したほうが良いのか売却して個別銘柄でも買ったほうが良いのか決め兼ねている状態です。

aroki

正直投資信託が、どういうものなのかテスト的に始めてみたものなので、どうしたもんでしょうね??

まとめ

先はまだまだ長いので、現時点の実績はさほど気にすることはありませんね。
とりあえずお金が尽きることのことの無いように飽きずに気長に付き合ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です